南北朝時代に中国から渡来し日本に饅頭を伝えた室町時代の中国僧林浄因(りんじょういん)を祀る奈良市漢国町の林神社で、命日に併せて毎年4月19日に饅頭祭が行われます。浄因をしのび和菓子業界の発展を祈願するため、全国から和菓子業界関係者が訪れて商売繁盛を祈り参拝されます。神前には約100種類の和菓子が祭壇に供えられ、代表者による奉幣、宮司の祝詞が奏上され厳粛に神事が行われます。(H18. 4.19撮影)
林神社 「和菓子奉納」
【林神社 「和菓子奉納」】
林神社 「大御幣奉納」
【林神社 「大御幣奉納」】
inserted by FC2 system