鎮花祭と書いてはなしずめまつりと呼ぶ。古のころの春、咲き誇った花は散り花となって飛散し、花片は分散して疫病神が四方に広がり、流行病を起こすと考えられていた。そこで、疫神を鎮遏(ちんあつ)し、疫病蔓延を防ぐために、国家の祭祀として毎年行うよう定められたお祭りが鎮花祭。桜井市三輪の大神神社では、毎年4月18日に奈良県内、京都、大阪の道修町の製薬業者、医者らが参列し、多数の医薬品を奉献されます。(H20. 4.18撮影)
大神神社 「鎮花出幸」
【大神神社 「鎮花出幸」】
大神神社 「傘渡御」
【大神神社 「傘渡御」】
inserted by FC2 system