厳島、竹生島と並ぶ日本三大弁天の筆頭とされる天河大弁財天社。古くは「天ノ安河ノ宮(あまのやすかわのみや)」と呼ばれ、金峰山信仰や大峯修験の隆盛とともに修験者が参籠修行する霊験所として栄えた聖地。この日は夏の大祭で、神事の後には神楽奉奏、山伏による鬼打ち式や聖護院門跡による大護摩厳修が厳かに行われます。(H15. 7.17撮影)
天河大弁財天社 「鬼打ち」
【天河大弁財天社 「鬼打ち」】
天河大弁財天社 「大護摩厳修」
【天河大弁財天社 「大護摩厳修」】
inserted by FC2 system