大神神社大鳥居の南側にある綱越神社境内に取り付けられた茅の輪をくぐり、半年間の無病息災、延命長寿を祈ります。夏越の大祓(なごしのおおはらえ)例祭として行われるもので、社名の綱越は”夏越”からの転訛とされたもので通称「御祓(おんぱら)さん」と呼ばれています。
神馬を右回りに3回引き廻す「神馬引神事」が行われた後、 「水無月の夏越しのはらえする・・・」の古歌を唱えながら三度くぐり身を祓い清めます。(H15. 7.31撮影)
綱越神社 「御祓(おんぱら)さん」
【綱越神社 「御祓(おんぱら)さん」】
綱越神社 「神馬引神事」
【綱越神社 「神馬引神事」】
inserted by FC2 system