三宅町石見新池東堰に祀られているお地蔵さんは地元の有志主催で地蔵尊祭法要を営んでいる。一昨年までは8月であったが、ご住職が替わられた機会に7月に変更された。このお地蔵さんは新池ができる昭和60年8月まではもっと南側にあったという。鬱蒼とした場所であったが通る人は「お徳」があると拝んでいた。夜遅く用事を終えて通りすがりの人は、どこからともなく「おうて(おんぶして)くれや」とか聞こえてきたという。また、悪事をおうて(おっぱらって)くれやと願ったことから「おうてけ地蔵」という呼び名が付けられたお地蔵さんは「お徳い地蔵」から訛ったものだとも言われている。(H20. 7.23撮影)
石見新池地蔵 「おうてけ地蔵」
【石見新池地蔵 「おうてけ地蔵」】
石見新池地蔵 「命の大切さ」
【石見新池地蔵 「命の大切さ」】
inserted by FC2 system